コラム 赤ちゃんが鳴く理由 夕方から寝るまで

しほんちゃんです

だいじょうぶだ~

赤ちゃんは


特に夕方から寝るまで鳴きます



力強く鳴きます

ちょっとオーバーかもしれませんが・・・

困るほど

嫌になるほど 

何をやっても鳴く

お世話をしている方も(ママが多いと思うけど)

「今日もゆっくりご飯を食べれなかったし・・・」

「昨夜も寝てないし・・・」

「お風呂もまだだし・・・・」

「私も夜は寂しいし不安・・・」



・・・は 


これ以上言ってしまうと

涙腺崩壊

だから言わない! 

強がったりしています


「わ~ん( ;∀;)」

☝しほんちゃんが代わりに泣いといた(*´з`)


どうして?

まずは指さし確認
「おむつ よ~し」
「満腹 よ~し」
「うんち よ~し」
「熱い寒い な~し」
「お熱 な~し」

ということは~

動物の本能として暗くなるとキ・ケ・ン!

鳴いて抱っこしされていれば

暗くても体調の変化に気づいてもらえる
寒くてもあったかい
他の動物襲われることもない
迷子になることもない

ひとりで生きていけない
赤ちゃんの生まれもった本能


だけど
大丈夫 
だいじょうぶさ~(ライオンキング風に叫んでみるww)

現代では
赤ちゃんがいるのは
安心できるおうち
家族がいるおうち
だよ

赤ちゃんたち
聞いているか~い

「よ~し よ~し 大丈夫」

赤ちゃんと自分に言ってあげよう

こだまとなって返ってくる
自分を安心させてくれることばを
言ってみよう

自分にとってどんな言葉が安心する?

「どうして鳴いているの?!」
から
「よ~し よ~し 大丈夫」

注目!
①鳴いて危険から身を守っている
②鳴いて近くにいてもらい体調の変化に気づいてもらう
③鳴いて心肺機能や体力強化アップ(泣くのは赤ちゃんの仕事)
④「よ~し よ~し 大丈夫~ だいじょうぶさ~」と言ってみる
⑤それでもきっと鳴く
⑤その時は寝かしつけ抱っこをしてみる みのむし抱っこなどの記事を参考にしてください
⑥鳴いている時は半分耳から鳴き声を聞き流す
⑦ラジオおすすめ~(アプリの radikoで聴ける)

これ大事!
赤ちゃんが泣いて大変だったことはパパや家族や友人に話す
ひとりで頑張りすぎない
言う相手がいなかったら
市役所の保健センターなどに相談する

子育ては始まったばかり
でも始まった時が
本当に大変ってこと忘れないで~♡

そのうちに心も体も子育てに慣れてくるからね(^_-)!



短距離ではなく

マラソン
給水所やエイドもあるし
併走してくれる人もいれば
応援をしてくれる人もいる

しほんちゃん「ね~小梅ちゃん」

小梅ちゃん「・・・・」

しほんちゃん「いつもの小梅ちゃんだ~(´▽`*)」



相談先

家族 親戚 友人

市役所
保健センター
保育課など

日本助産師会HPリンク
http://www.midwife.or.jp/general/supportcenter.html

出産病院

児童相談所

オレンジリボン運動HP 相談窓口あります
http://www.orangeribbon.jp/counter/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA