赤ちゃんの大好きなおくちの遊び

しほんちゃん「小梅ちゃん お口って何をするところでしょ~?」

小梅ちゃん「むにゃむにゃ ばぶ  ばぶ~」

しほんちゃん「あ・た・り⤴!」

母乳やミルクを飲んだり 
ご飯を食べたり
水分を摂取したり
お話したり
笑ったり

赤ちゃんは 
おっぱいや哺乳瓶を吸ったり
お手々をなめたり
近くにいる大人の口の動きをじ~と見たりして
お口の使い方を経験で覚えていきます



さ~これは簡単!
お口の遊び~~

手をもって口につける
「誰のおくちかな~」
「小梅ちゃんのおくちです~」
口に手を当てたまま少し揺らしてみる
「ぶぶぶ~ぽん」
と手を口から離す

手は持ったまま
口に付けたり離したり
「あれ? お手々はどこいったかな~」

再び近づけて~
「あったね~ み・つ・け・た」
「うひゃうひゃ~ あった~」
など擬音や感嘆詞みたいな簡単な言葉を付ける
口から手を離すと
不思議そうな顔をする子もいるよん

☝これを繰り返すだけ

ぎゅうとまぁるく抱っこ
脇抱え込み抱っこ(基本の抱き方参照など
でもできる

体育座りの姿勢でもできる
「ぶぶぶ~ぽん」
「おててだよ~」


注目!
①手や口を意識させる
②指しゃぶり 手しゃぶりで口や手指の感覚が育まれる
(離乳食を喉の奥に運ぶ感覚 発音の感覚 物をつかむ感覚)
③1か月半くらいからから指しゃぶりをする(個人差あり)
④おなかにいる時から指しゃぶりしている(おっぱいを吸う練習)
⑤手を伸ばしてじーっと見る仕草(ハンドリガード)も2か月~3か月くらいから始まる
⑥手を口に当てて少し揺らすのがコツ
⑦赤ちゃんとの距離は30㎝くらい
⑧いろいろな抱っこしているついでにやってみる
⑨この遊びが好きな赤ちゃんは多い♡
⑩好きそうだったら繰り返しやってみる


小梅ちゃん「ぶぶぶ~ 」

しほんちゃん「小梅ちゃん ぶぶぶ~上手~」

小梅ちゃん「ぶぶぶ~」

しほんちゃん「わかった わかったよ もう1回やりたいのね (*´з`)」



しほんちゃんの

勝手な解釈と代弁 (≧◇≦)

でもこれ大事!!←自我が芽生えるころにムズくなってくるけど(-_-;)


動画も追加させていただきました

ご覧ください(#^.^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA