服は何枚着せたらいい?  梅雨明け編


しほんちゃんです

梅雨が明けましたね!!

目に見える形での気候変動に脅威も感じつつ
お日様を浴びる喜びも味わっています

私の生まれ育ったところは
熊本県の阿蘇
大分県との県境

家から車で5分ほど杉山の間の狭い道を抜けると高原の牧草地にでます
そこからは阿蘇山の涅槃像がはっきりと見ることができます

子どもの頃は梅雨が明けると
晴天の午後から力強い入道雲が湧き出てきて
入道雲の間の黒い雲から光が見えると
周りが暗くなり始めて
バケツをひっくり返したような土砂降り
乾いた道路や木々がいっきに湿ると
土の匂いが立ち込めて
30分ほどでうそのように晴れ渡る

祖父母や両親から教え込まれた
雷や大雨の
恐怖におののきながらも
上級生の威厳をやっと保ち
下級生の世話を焼きながらの下校時間
学校まで山道4キロ


梅雨が明けると
空の景色や沸き立つ匂いを思い出します

さて 
暑くなってくると赤ちゃんの服の調整も難しいです
でも暑いからと言って
冷房の効いた部屋での薄着は赤ちゃんの体温を下げてしまいます
体温が下がると哺乳力が弱まることもあります

新生児期~首が座るころ
大人より1枚多いくらい

寝返り返り~お座りくらい
大人と同じくらい

はいはい以降は
大人より1枚少ないくらい

授乳中は額や後頭部に汗をかくくらいで飲んでもらいましょう

また
外出時には

車内の温度
少しの間も置き去りはダメ!!

そしてスーパーは寒い
バスタオル1枚 持ち歩きたいですね!!


季節は秋だけど(#^.^#)
阿蘇山!!













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA